アフターサービス

アフターケア
出典 《医療用ウィッグ・かつらはライツフォル/口コミで人気》

医療用ウィッグの購入のポイントで素材や種類、価格等大事なポイントは様々ありますが、アフターサポートがしっかりしているかを大きなポイントとして見るのが良いでしょう。ウィッグを使用していくうちにヘアスタイルの変化を求める方も多く、ウィッグカット調整も購入から一定期間以内ですと無料で調整カットしてくれる店もあります。ウィッグのカット調整やトリートメントもメンテナンスなのでメンテナンスサービスも含めてウィッグに関する悩み等のカウンセリングもしてくれる所で購入すると安心でしょう。

ウィッグは自分で定期的にお手入れすることで長くキレイな状態で使用することができます。使用前使用後にブラッシング、シャンプーの頻度とやり方、ブローとセットを正しいやり方で行いましょう。メンテナンスでキレイになった状態を少しでも長く持たせるために自分自身での管理も必要です。

医療用ウィッグを購入する際に一つ知識として入れておきたいのは医療用ウィッグの購入補助を実施している自治体があるということです。病の治療も金銭的負担がかかりそのうえウィッグも金銭的負担がかかります。補助金制度を設けている自治体が住んでる地域にありましたら問合せしてみるのも良いでしょう。

メンテナンス内容

医療用ウィッグは高価というイメージが強いです。種類と素材で違いがあるので、それも含めて選択するのが良いでしょう。価格の安さの点でいえば人口毛を選ぶのをおススメしますが耐久性が他の素材より劣るところがあるので価格だけで選ぶと後悔するパターンもあるので慎重に選びましょう。長期的に使用する場合は人毛と人毛ミックスの種類がおススメです。

メンテナンス医療用ウィッグは長期間つけることが多くなるので、メンテナンスが必須になってきます。メンテナンスをするタイミングにはポイントがあります。毛先が縮れてきた、メリハリがなくなった、ゴムが伸びた、ネットのたるみ等です。ウィッグの毛髪はキューティクルがついてないため、摩擦すると傷みやすく短期間で縮れてしまう場合があります。ウィッグの毛髪が傷み、くたびれが進んでしまってからメンテナンスに出しても回復が非常に難しくなってしまいます。大体2~3か月に1回はメンテナンスに出すと良いでしょう。

メンテナンスは素材と種類の違いによりメンテナンス方法が違います。そのため、クリーニング、トリートメントに使う溶剤、ウィッグ専用のスチーマ等の専門の道具が必要なので購入したウィッグ専門店のメンテナンスサービス等の専門店を利用するのが良いでしょう。

医療用ウィッグとは

女性のがん患者が闘病していく上で大きな悩みは抗がん剤治療による副作用にともなう脱毛です。いくら治療のためとはいえ、女性にとって髪の毛は命ともいえるものです。それが無くなってしまうのは非常に精神的にダメージを受けます。容姿の変化は目に見える分自分に大きな影響を受けます。治療による副作用と知っている人はともかく、知らない人には奇異な目で見てくる心ない人もいるためそういった視線は患者自身の精神衛生上よくありません。そんなときに役立つのが医療用ウィッグです。医療用ウィッグとは脱毛症や抗がん剤を使用して治療している方の用紙の変化をカバーしてくれるアイテムです。

医療用ウィッグ医療用と市販のウィッグでの違いはほとんどありませんので見た目がよりオシャレな市販のウィッグでも大丈夫です。医療用ウィッグは長期的につける方も多いため、長期間ストレスなくつけ続けられるつくりをしていることが市販用との決定的な差です。サイズ調整もできるため、治療期間中は医療用をつけるのをおススメします。

抗がん剤治療が終了して発毛するまで約半年から1年かかると言われています。それにより頭のサイズが変わるのでサイズ調整できる医療用ウィッグは非常に重宝します。治療の過程で状態が変わるためその都度医療用ウィッグのメンテナンスが必要なのでメンテナンス方法やサービスがあるのかを調べておくと良いでしょう。当サイトでは医療用ウィッグの購入、メンテナンスについて説明します。