医療用ウィッグとは

女性のがん患者が闘病していく上で大きな悩みは抗がん剤治療による副作用にともなう脱毛です。いくら治療のためとはいえ、女性にとって髪の毛は命ともいえるものです。それが無くなってしまうのは非常に精神的にダメージを受けます。容姿の変化は目に見える分自分に大きな影響を受けます。治療による副作用と知っている人はともかく、知らない人には奇異な目で見てくる心ない人もいるためそういった視線は患者自身の精神衛生上よくありません。そんなときに役立つのが医療用ウィッグです。医療用ウィッグとは脱毛症や抗がん剤を使用して治療している方の用紙の変化をカバーしてくれるアイテムです。

医療用ウィッグ医療用と市販のウィッグでの違いはほとんどありませんので見た目がよりオシャレな市販のウィッグでも大丈夫です。医療用ウィッグは長期的につける方も多いため、長期間ストレスなくつけ続けられるつくりをしていることが市販用との決定的な差です。サイズ調整もできるため、治療期間中は医療用をつけるのをおススメします。

抗がん剤治療が終了して発毛するまで約半年から1年かかると言われています。それにより頭のサイズが変わるのでサイズ調整できる医療用ウィッグは非常に重宝します。治療の過程で状態が変わるためその都度医療用ウィッグのメンテナンスが必要なのでメンテナンス方法やサービスがあるのかを調べておくと良いでしょう。当サイトでは医療用ウィッグの購入、メンテナンスについて説明します。