メンテナンス内容

医療用ウィッグは高価というイメージが強いです。種類と素材で違いがあるので、それも含めて選択するのが良いでしょう。価格の安さの点でいえば人口毛を選ぶのをおススメしますが耐久性が他の素材より劣るところがあるので価格だけで選ぶと後悔するパターンもあるので慎重に選びましょう。長期的に使用する場合は人毛と人毛ミックスの種類がおススメです。

メンテナンス医療用ウィッグは長期間つけることが多くなるので、メンテナンスが必須になってきます。メンテナンスをするタイミングにはポイントがあります。毛先が縮れてきた、メリハリがなくなった、ゴムが伸びた、ネットのたるみ等です。ウィッグの毛髪はキューティクルがついてないため、摩擦すると傷みやすく短期間で縮れてしまう場合があります。ウィッグの毛髪が傷み、くたびれが進んでしまってからメンテナンスに出しても回復が非常に難しくなってしまいます。大体2~3か月に1回はメンテナンスに出すと良いでしょう。

メンテナンスは素材と種類の違いによりメンテナンス方法が違います。そのため、クリーニング、トリートメントに使う溶剤、ウィッグ専用のスチーマ等の専門の道具が必要なので購入したウィッグ専門店のメンテナンスサービス等の専門店を利用するのが良いでしょう。